×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

音痴を克服する前に!

音痴を克服したいと思っている方の多くは、実は自信がないだけで音痴ではない方が多いです。
『歌詞』『メロディー』を完全におぼえ『大きく口を開け』て歌い、それをレコーダーで録音してみましょう。最近は携帯でも標準装備されてますので、ぜひ試してみてください。それでも『やっぱり音痴』という方は原因を考え克服しましょう。
音痴と言っても色々な原因があります。克服する為にはあなたの問題点を見直して見ましょう!
『音程が半音ズレている』『曲のリズムが合わない』などの場合、音楽の聞き取りや把握ができていない『感覚性失音』の可能性があります。
『イメージ通りのメロディーを歌えない』『音を正確に再生できない』などの場合は『運動性失音』の可能性があります。一般的に音痴と呼ばれているのはこのケースが多いです。自分に合った症状で克服しましょう。

音痴は3日で治る!カラオケのヒーローになる魔法のレッスン

音痴克服法【感覚性失音】

この感覚性失音が原因での音痴の方は、耳で聞いた音程が基本的に頭で理解出来ていないのです。
克服法ですがピアノやキーボードなど和音が出る楽器の音にあわせて声を出し練習する事から始めると良いです。一音一音丁寧にキーを合わせ録音し確認作業をしてみてください。
また荒療法で難しくなるのですが、曲などを聴いてその曲をコピーし演奏をする『耳コピー』をすると音痴はかなり克服されます。メロディを単音で良いので再生してください。
楽しみながら音痴を克服していきましょう♪

音痴克服法【運動性失音】

この運動性失音が原因での音痴の方は、簡単に『歌う筋肉が足りていない』ことが原因と考えられます。
克服法ですが、歌った後すぐに『ガラガラ声になる』『のどが痛くなる』という方は、まず肺のみの『呼吸法』ノドのみの『発声法』をしています。『腹式呼吸』お腹を使った歌い方にしましょう。
腹式呼吸は息を吸えばお腹が膨らみ、吐くとお腹がへこみます。誰でも寝ているときにしていることなので、あまり難しく考えないようにしてくださいね。チェック方法ですが【歌っているときに肩がぶれていないか?】と鏡を見るだけで克服できたりします。テンポが速くキーの上下がはげしい歌は筋肉もはげしく使いますので、はじめはスローテンポでキーもなだらかな曲を選び練習しましょう。裏声を使った練習も歌う筋肉を鍛えますので試すのも良いと思います。気軽に音痴を克服しましょうね。

Copyright © 2008 音痴を克服するために!